【acqua LIFE】通販ミネラルウォーター、安全・安心なお水を提供いたします。
商品について 商品を選ぶ はじめての方へ お客様の声 オリジナルラベル制作
きらめきの水
人間のカラダの70%は水。
人間にとって、生物にとって、水はとても大事なものなのです。
人間の体はほとんどが水でできています。性別や年齢で差はありますが、胎児では体重の約90%、新生児では約75%、成人では約70%を水が占めています。
体内の水分の多くは、汗や尿で排出されます。失われた水分を補給し、体内でスムーズに水を循環させることで、健康な状態を維持できるのです。
人間は、水と睡眠さえしっかりとっていれば、たとえ食べものがなかったとしても2〜3週間は生きていられると言われています。しかし、水を一滴も取らなければ、せいぜい4〜5日で命を落としてしまうことになります。体内の水が不足することを脱水症状と呼んでいますが、脱水症状をおこすと、体温を調節する汗が出なくなり体温が上がってしまいます。また、汗や尿が出なくなるため体内に老廃物が溜まり、血液の流れが悪くなり、全身の機能が障害を起こして、死に至ってしまいます体重の約2パーセントの水分が失われただけでも、口やのどの渇きだけでなく、食欲がなくなるなどの不快感に襲われます。約6パーセント不足になると、頭痛、眠気、よろめき、脱力感などに襲われ、情緒も不安定になってきます。さらに10パーセント不足すると、筋肉の痙攣が起こり、循環不全、腎不全になってしまい、それ以上になると、意識が失われ、20パーセント不足で死に至るという報告がされています。
体内の循環を正常に保つためには、1日2〜3リットルの水分補給が必要です。
水分の多い食事から約1リットル前後、飲料から約1.2〜1.5リットル摂取するのが平均的な量。
ミネラルウォーターでしっかりと水分を補給すること、それが健康への第一歩となるのです!
地球上にある水の98%は海水で、淡水はわずか2%。その淡水の中でも70%は氷河で、残り30%が地下水となっています。私たち陸上生物が利用できる水は、地球上に存在する水のわずか0.01%にしか過ぎないのです。
そのわずかな水を、すべての陸上生物が分かち合って生きています。この水が枯渇すれば・農作物も作れなくなり、食料も不足するでしょう。
最終的には、すべての生物が絶滅してしまう恐れもあります。
世界では今、地球温暖化による水循環の異変や人口増加・産業発展による水需給の拡大、人口集中による水質汚濁などいくつもの要因が複雑に絡み合って水不足が相次いでいます。この瞬間にも、アジアやアフリカなどでは安全な飲料水を確保できない人々がいるのです。
2025年には人口増加に伴って世界人口の約2/3が水不足に陥り、また2050年には地球全体での水不足が予測されています。
蛇口をひねればキレイな水が出てくる日本ではなかなか想像しにくいですが、そうした現実が近づいてきているのです。
地球規模で水不足が懸念されています!

近年、水質汚染の原因とされているのが「硝酸態窒素」。硝酸態窒素は、水中の硝酸イオンと硝酸塩に含まれている窒素のこと。
化学肥料と家畜排泄物が硝酸態窒素による汚染の主原因と言われていますが、その危険性は硝酸塩と同じで、血液の酸素運搬能力を奪い、特に乳幼児を窒息死の危険にさらします。この硝酸態窒素が、体内で亜硝酸態窒素に変化すると、発ガン物質になり、毒性も強くなります。
水道水には厚生労働省が「硝酸態窒素および亜硝酸態窒素」の基準を10mg/lと設定し、環境省も水に同じ環境基準を設定しています。
では、ミネラルウォーターはどうでしょうか?月刊誌『食品と暮らしの安全』(2007年4月1日発行)が、ミネラルウォーター主要8銘柄について、硝酸態窒素の汚染度を調査した結果によると、なんと6銘柄で汚染が検出されたという結果が出ました。
また、2011年の東日本大震災による放射能汚染も取り沙汰され、本当に安全な商品なのか、消費者の目も厳しくなってきています。
お客様に安心してお飲みいただけるために独自にその水源地の検査を毎月実施しております。

加熱殺菌(115℃・15秒)を行い充填、包装を行っていますので煮沸消毒の必要がなく、安心してお飲みいただけます。

硝酸性窒素や亜硝酸性窒素の含有量が日本の基準である10mg/lを大きく下回る
0.02mg/l(基準値の500分の1)を誇り、欧米並みの基準を満たしております。
美しい自然に囲まれた山梨県甲州市(秩父多摩甲斐国立公園の一角)の天然水で、硬度約10m/lという非常に体にやさしい超軟水です。
クラスター(水の粒子)が非常に細かくさらさらした水質ですので、体にやさしく吸収・浸透していきます。


当社の水は天然のアルカリイオン水。アルカリ性イオン水はデトックス効果があり、体内の有害物質を除去する働きがあると言われています。
皆様に安心して水をお飲みいただくために、放射能物質検査の毎月実施や加熱殺菌後の水の充填など、徹底した品質管理を行っています。また、発がん性物質に変化しやすい硝酸性窒素、亜硝酸性窒素が日本の基準値である10mg/lを大きく下回る0.02g/lを誇り(基準値の1/500)、検査が厳しいとされる欧米並みの基準値を満たしております。
acqua商品について | 商品を選ぶ | はじめての方へ | お客様の声 | オリジナルラベル製作

個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表記 | お問合せ
Copyright(C) acqua LIFE vincente All rights reserved.

ページトップ